目の下のクマ 種類

目の下のクマにはいくつ種類がある?

毎日見かけるクマは、同じように見えても実は違うものであることがあります。

 

クマは原因によって症状が違ってきますので、その種類を知っておきましょう。

 

目の下のクマは、青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマの4種類があります。それぞれの特徴は以下の通りになります。

 

 

1.青クマ

青クマは目元の血流が滞ってしまうことによって起こります。

 

血流が滞ってしまうと目元が青く見えてしまい、青クマと呼ばれるクマになってしまうのですね。

 

主な原因は体が疲れていたり、あるいはデスクワークで目を使う時間が多いなど体や目を酷使しているときです。

 

また、冷え性や貧血の体質を持っている方は、青クマができやすいので注意しておきましょう。

 

 

2.赤クマ

 

赤クマは目元の疲れや加齢によって、血流が滞ったり、血管が詰まってしまうことが原因で起こるものです。

 

この赤クマがあると、目元が赤く、腫れてしまったようにも見えてしまうので対策をしておきたいですね。

 

 

3.黒クマ

 

黒クマは、加齢によって目元がタるんでしまったり、目元を含めた骨格や目の下にできてしまうことなどが原因。

 

黒クマの部分は目元がしぼんだり、膨らんだりすることで影が出来ているように見えます。

 

メイクでは目元も印象を大きく左右するパーツであるので、黒クマには気を付けていきたいですね。

 

 

4.茶クマ

 

茶クマは化粧をするときに、目元がこすれてしまったりする際やメイクが原因でできる色素沈着によって起こります。

 

茶クマは下まぶただけでなく、上まぶたにもできることがあり、目の下が茶色くみえてしまったりすることがあります。

 

メイクをする際に目がつよく皮膚とすれることで色素沈着は起こりますので、普段からメイクをした後や化粧をしていない場合にも目元を触ってしまう方は要注意ですね。

影クマの治し方について

普段目元の印象を違ってみせてしまうクマには4種類あると書きました。

 

その4つの大敵、赤クマ、青クマ、茶クマ、黒クマの4種類のクマの対処法について書いていきますので確認してみましょう。

 

 

1.青クマ

 

血流がうまく流れないことでおこるのが青クマですので、血流が滞ってしまうことによってできた青クマは目元だけでなく全身の血流を良くすることで改善していくことができます。

 

身体の血行は、マッサージや部分的なマッサージによっても巡らせていくことができますから、簡単なストレッチとともに足や腕のストレッチを行ってみるのもすぐに始められる青クマ解消方法のひとつですよ。

 

 

2.赤クマ

 

赤クマは目の疲れをなるべく減らしてあげることで薄く出来たり、ホットタオルなどでも解消することができます。

 

比較的簡単に消していくことができるので実践してみてください。

 

 

3.黒クマ

 

黒クマは目元の疲れなどが原因で起こるクマですが、放っておくと目元のたるみに繋がってしまうので要注意しておくべきクマであると言えるかもしれません。

 

解消法ですが、目の周りをマッサージしてあげることで見えにくくなり、老廃物を流すことによって血流が改善され、スッキリとした目の周りの印象になります。

 

 

また、黒クマはアイクリームなどをつかうことで働きかけていけるクマでもあります。

 

血行を促進してくれたり、美容成分がクマに浸透することで黒クマを目立ちにくいものに変えていってくれます。

 

マッサージなどは簡単ですが、たるみを避けるためにここで紹介しているアイキララを試してみるといいでしょう。

 

 

4.茶クマ

茶クマは化粧をするときに、目元がこすれてしまったりする際やメイクが原因でできる色素沈着によって起こります。

 

治すのはもちろん予防も大切です。

 

化粧も毎日の積み重ねなので、目元も定期的にチェックしてあげるとよいかもしれません。

 

 

 

 

綺麗で若々しい肌を保つためにも、クマの種類と対処法についてこの機会に一度確認してみるのはいかがでしょうか。

 

肌がきれいになると気分も高まりますよ。