目の下のクマ 病気

目の下のクマに隠れる病気とは

目の下のクマは疲れや睡眠不足などのよって起こることがありますが、病気が隠れている可能性もあるのです。

 

例えば、

 

・全体的に顔色がわるい
・睡眠を十分とってもクマが改善されない
・体重の減少や疲労感がある

 

など、以上のような症状がある方は、病気が隠れている可能性があるかもしれません。

 

 

クマの症状として出てくる病気にはどんなものが考えられるのか代表的なものを紹介しておきます。

 

 

1.鉄欠乏性貧血

 

鉄欠乏性貧血は、ヘモグロビンを造るための鉄分が不足するために起こります。

 

血行不良が起こると、赤黒い血液が滞り、皮膚の薄いところに症状として現れてくるのですが、これは主に青クマと呼ばれる症状があらわれてきます。

 

鉄欠乏性貧血の改善方法としては、鉄分の多い食事を摂るようにしましょう。

 

 

2.バセドウ病

 

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は、新陳代謝を促す甲状腺ホルモンが過剰に作り出される病気。

 

甲状腺が腫れて大きくなると、汗が良く出て手指が震え、脈が早く、倦怠感ある、といった症状が主ですが、他にも眼球突出があるとされています。

 

この症状ともない眼窩脂肪もせり出し、黒クマが出てくると考えらえれています。

 

 

3.肝臓・腎臓疾患

 

肝臓や腎臓は栄養分を貯蔵、分解、変化させ血液を通じて全身の細胞に届けたり、老廃物を取り除いたり、解毒作用があり血液を浄化する役割があります。

 

これらの機能が低下すると血行不良が生じ、目の下にクマを作るのです。

 

 

病気ばかりではなく、アルコールや甘いものの取り過ぎでも、肝臓や腎臓に負担をかけるので、クマが出てしまう可能性が高まります。注意しましょう。

 

 

4.うつ病

うつ病により両目と口の周が青白くなる事があります。

 

これは自律神経が正常に機能しなくなり、目の周の眼輪筋や口の周がの口輪筋が、血行不良になり引き起こされていることが考えられます。

 

 

5.皮膚炎(アトピー性や花粉症)

目もとだけではなく目全体にくすみがかかっているときはアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。

 

目の周に花粉がついて炎症を引き起こし、色素沈着が原因の茶クマが出ることが考えられるでしょう。

 

 

 

目の下のクマから考えられる病気に関しては以上のような症状があります。

 

ここで紹介したのは代表的なものになりますし、目の下のクマが必ずしも病気であるとは限りません。

 

ただ、気になる症状があるときは早目に医療機関を受診しましょう。

 

 

もし、病気でないのに目のクマがきになってしまうのであれば、ここで紹介しているアイキララを使ってみるといいですよ。

 

皮膚に塗ることで直接働きかけることができますので、効果が出やすいいとされています。